おいしいわけ 長崎県産 せとか

とろける食感。
おいしさ、いいとこどり。

「せとか」は、やわらかい果肉と果汁の多い清見と甘みの強いアンコールを掛け合わせたみかんに、晩成の高糖度柑橘「マーコット」を交配し、育成されたおいしさいいとこどりの柑橘です。「せとか」は長崎県生まれ。長崎県南島原市口之津町から臨む「早崎瀬戸」の「せと」と、香りが良いこと、そして瀬戸内地域の栽培が期待されることから「せとか」と名付けられ、2001年に登録された平成生まれの柑橘です。

あふれる、甘濃い果汁

香りや食味の良い柑橘のいいところを掛け合わせた「せとか」。橙色の果皮は薄く、手で簡単にむくことができ、べたべたしません。果実を包む薄皮(じょうのう膜)がやわらかいため、食べた後に口の中に薄皮が残りません。皮の中には︑なめらかで艶やかな粒がギュッと詰まり、凝縮された甘い果汁が弾けだします。酸味が少なく高糖度の「せとか」。その甘さと濃厚な味わい、そしてとろりとトロける食感から「柑橘の大トロ」とも呼ばれているほどです。ひとつひとつの果実に紙や布の袋をかぶせ、手間ひまをかけて丁寧に栽培される「せとか」は、生産量と流通量が少ない希少品種です。旬の濃厚でジューシーな味わいをお愉しみください。

おいしい豆知識

みかんは揉むと甘くなる?

手で揉むなど、適度に衝撃を与えると、酸味の成分であるクエン酸の量が少なくなり、甘みを強く感じるそうです。

今月のおすすめ商品

今月のおすすめ商品一覧を見る

キーワードから探す