おいしいわけ 謹製 握り寿司

うまみが重なり、ひとつにまとまる。

だしの効いた舎利

ネタと舎利、それぞれのうまみが重なり合い、おいしくひとつにまとまる原信ナルスの「握り寿司」。こだわりの舎利、こだわりのネタ、それぞれの味を引き立てる醤油・がり・わさびが、格別のおいしさを奏でます。
原信ナルスの「握り寿司」の舎利は、食感や酢との相性の良い数種類の国産米を厳選し、独自に配合した特製ブレンド米を使用しています。それに合わせるすし酢は、すっきりとした酸味の米酢と、旨みと香りが特長の粕酢を合わせた酢に、昆布だしを効かせた秘伝調合の合わせ酢です。粘り気が少なく、酸味と旨み、そして香りが絡み合う舎利は、ネタの旨みを引き立たせ、時間が経過してもおいしさが続きます。

こだわりの本まぐろ

握り寿司のネタの主役と言えば、まぐろ。原信ナルスの「握り寿司」のまぐろは、色鮮やかな大型サイズの本まぐろを使用しています。本まぐろ特有の酸味がきいた濃厚な味わいやとろけるような脂の旨み、筋が少なく舌触りのよい食感は、舎利との相性も抜群です。寿司ネタの中でも、脂のりが良く口の中でとろけていく本まぐろ中とろ、豊かな風味ともっちりとした食感のまぐろ赤身は、子どもから大人まで人気の高いネタです。まぐろ以外のネタも、ひとネタずつ、おいしさを追求しています。

味を引き立てる名脇役

寿司醤油は本醸造醤油にかつおだしと昆布だしを合わせた専用の醤油で、ネタと舎利が一体となるマイルドな味わいです。辛味が少なく柔らかな食感のがり、香りと風味の良い伊豆産本わさびを添えることで、ネタと舎利のうまみが重なりひとつにまとまり、おいしい一体感を生み出します。

今月のおすすめ商品

今月のおすすめ商品一覧を見る

キーワードから探す