おいしいわけ 極醸黒酢のまろコク酢豚

隠し味はごま油とシャンタン。

旨みとコクの大麦黒酢とすっきりとしたリンゴ酢、ごま油とシャンタンを隠し味に余韻残る美味しさ。

余韻を味わう、コク深い酢豚

旨み・酸味・甘みが重なり合い、三位一体の味わいを醸し出す原信ナルスの「極醸黒酢のまろコク酢豚」。酢豚とは、豚肉や野菜に甘酢あんをからめた炒め物。中国発祥で日本の食卓にも深く浸透した人気料理のひとつとも言えます。酢豚のおいしさは、豚肉と野菜にからむ甘酢あんの旨み・酸味・甘みのバランスが鍵となります。原信ナルスの「極醸黒酢のまろコク酢豚」の甘酢あんには、2種類の酢を独自配合した合わせ酢を使用しています。まろやかな香りとコク深い旨みの大麦黒酢、爽やかでフルーティーな香りのリンゴ酢、持ち味の異なる酸味を重ね合わせることで生み出される広がる旨み、食べ飽きないさっぱりとした味わい、そして後引く深いコクは、まさに極醸のおいしさです。大麦黒酢とリンゴ酢の合わせ酢には、ケチャップでやさしい甘みを、中華スープとごま油で芳醇な香りと濃厚な旨みを加え、具材の旨みを引き出しています。肉も野菜もおいしくたっぷりと摂れる原信ナルスの「極醸黒酢のまろコク酢豚」。クセになるおいしい余韻が、食欲の秋に響きます。

今月のおすすめ商品

今月のおすすめ商品一覧を見る

キーワードから探す