おいしいわけ 極醸いか塩辛

これが熟成の旨み。

鮮度抜群の国産生いかのワタと新潟銘酒を隠し味にじっくり熟成。 コク深いまろやかな味わいと、もっちり食感が絶品です。

もっちり、癖になる

原信ナルスの「極醸いか塩辛」は、旨み弾むもっちり感が癖になるいかの塩辛です。主に北海道又は青森県で水揚げされた国内産のアカイカ(ムラサキイカ)を原料に使用しています。水揚げされたアカイカは、船上で手早く解体し、獲れたての鮮度のまま船内で急速凍結されます。「極醸いか塩辛」は、コリッとした歯ごたえが特徴の貴重な部位である耳(ヒレ・エンペラ)のみを使用しています。塩辛に熟成することで生まれるなめらかでもっちりとした口当たりと、いか耳のコリッとした食感がおいしさを誘います。

じっくり熟成、深いコク

いか腑(肝臓・ゴロ)は、塩辛の味を決める重要な原料のひとつです。原信ナルスの「極醸いか塩辛」は、9月から12月に水揚げされた北海道産するめいかのまるまると膨らんで熟した腑を使用。鮮度抜群の熟した腑を使用しているため、着色料を使用していません。時期や個体差で腑の色に違いがでるのは無着色の証と言えます。北海道産するめいかの腑には、新潟県新発田市の酒蔵「菊水酒造」の醸造酒を隠し味に加え、職人が手間ひまをかけてじっくりと熟成させて最もおいしくなるその時を迎えます。鮮度抜群のアカイカの耳、濃厚な味わいのするめいかの腑、いかの臭みを抑えコクと豊かな風味を加える菊水酒造の醸造酒、そして職人が手掛ける絶妙な熟成、原料と加工のすべてにおいしさを追及した味わいはまさに「極醸」。熟成の旨みをお愉しみください。

今月のおすすめ商品

今月のおすすめ商品一覧を見る

キーワードから探す