おいしいわけ ぷりぷりっ壺旨たこ(蒸したこ)

旨みはじける、ぷりぷりっ。

ぷりぷりっ、「壺漁」真だこ

壺漁とは、縄張り意識が強いタコの特性を活かした漁法です。ひとつの壺に、一尾のタコしか入れないため、元気で強いタコが獲れます。原信ナルスの「壺旨たこ」は、壺漁で漁獲された鮮度と身質の良い真だこのみを使用。ぷりぷりっとした歯ごたえが止まりません。

ぎゅっと、旨み閉じ込め

丁寧な下処理を行った真だこは、高温と高圧で一気に蒸し上げてからボイルすることで、素材の持つ旨みを一気に閉じ込め、歯切れの良い蒸しだこに仕上がります。旨みが閉じ込められた真だこは、足先までくるりと丸まり、足の断面の空洞が小さいことがおいしい証と言えます。
そのままお刺身やサラダ、和え物などの生食調理でも、から揚げやアヒージョなどの加熱調理でも、「旨みはじける、ぷりぷりっ」体験を愉しむことができます。

おいしい豆知識

タコは縁起物!?

古くから赤色には「魔除け」の意味があるとされており、タコが真っ黒な墨を吐いて敵から逃げる姿も「苦難を煙に巻く」ということから、縁起が良いとされているそうです。さらに「多幸(たこ)」と漢字をあてることもできます。

今月のおすすめ商品

今月のおすすめ商品一覧を見る

キーワードから探す