おいしいわけ 大将季-だいまさき-

奇跡の柑橘。

「大将季(だいまさき)」は鹿児島県で誕生したオリジナル品種の柑橘です。原信ナルスでは、温暖な気候に恵まれた鹿児島県出水市で栽培された「大将季」を12月から3月の上旬までの期間限定で販売しています。

豊かな果汁と甘み

「大将季」は紅色が濃く、鮮やかなだいだい色が目を引く柑橘です。皮をむいた瞬間の香りが強く、ほんのり酸味を残しながらも糖度が高く、コクのある味わいが特徴です。光センサーで「糖度13度以上、酸度1%以下」の基準をクリアしたものだけが「大将季」として出荷されているので、濃い甘みとバランスの良い酸味を味わっていただけます。皮が薄く柔らかい「大将季」は、手でむいて食べられるのも魅力のひとつ。果肉の粒を包むジョウノウが薄く、そのままパクッとお召し上がりいただけます。豊かな果汁が、甘みと酸味とともに口の中に広がります。また、そのジューシーな果汁をしぼってジュースにしたり、ゼリーやシャーベットにしたりするのもおすすめです。
「大将季」をおたのしみいただけるのは、3月の上旬までのこの時期のみ。まさに今が旬の柑橘です。色が濃いだいだい色で、持った時にずっしりと重みを感じるものが、果汁が多くておすすめです。奇跡の柑橘と言われた「大将季」を、この時期にぜひご賞味ください。

今月のおすすめ商品

今月のおすすめ商品一覧を見る

キーワードから探す