おいしいわけ 壺旨たこ

壺漁で獲れた元気で強いたこ

1匹ずつ丁寧に壺漁で漁獲された原信ナルスの「壺旨たこ」。数ある漁獲方法の中でも品質が良いとされている壺漁は、1つの壺に1匹のたこしか入れず、壺に入ったたこは縄張り争いに勝った元気で強いたこといえます。また、数が制限されることで資源の乱獲を防止でき、環境や資源保護にも配慮された漁といわれています。

旨み凝縮、ぷりぷりはじける食感

漁獲されたたこは、加工工場で専任のスタッフによって鮮度・異物チェックなどの品質確認がされています。塩もみ工程では、歯切れの良い食感にするためにきっちりと塩もみを行うことで、たこの余分な水分がなくなり旨みが凝縮されます。塩もみを行なった後は、専用スチーマーを使用し100℃以上で一気にたこを蒸し上げます。専用スチーマーの高温と高圧で旨みが閉じ込められ、艶やかで鮮やかな身色のたこに仕上がります。足先までくるりとしっかり丸まっているたこは、良質なたこをおいしく加工した証といえます。原信ナルスの「壺旨たこ」は、良質なたこを丁寧に加工した、噛むたびに旨みはじける蒸したこです。歯切れの良い食感を活かしたアヒージョや、そのままサラダや和え物にも、幅広くお使いいただけます。

今月のおすすめ商品

今月のおすすめ商品一覧を見る

キーワードから探す