おいしいわけ 備長炭で炙ったうまだれ炭火焼鳥

たれは化学調味料不使用、備長炭で炙った本格焼鳥屋の味。

備長炭炙りの香ばしさ

原信ナルスの「備長炭で炙った炭火焼鳥」は、鶏肉を備長炭でムラなくパリッと焼きあげ、こだわりの醤油だれ、塩だれで味付けした焼鳥です。綺麗な焼き色と香ばしく深みのある味わいは、まさに本格焼鳥屋の焼鳥。炭火は高温で遠赤外線作用があるため、外はパリッと中はふっくらジューシーに焼きあがり、鶏肉とたれの旨みが広がります。鶏肉は備長炭の炭火で焼きあげるだけではなく、鶏肉の部位ごとの特性に合わせてスチーム加熱やオーブン焼きを加え、鶏肉の旨みをギュッと閉じ込めました。

化学調味料不使用のたれで自然な味付け

原信ナルスの「備長炭で炙った炭火焼鳥」のたれは、厳選した醤油と塩で味付けすることで化学調味料は使用せずに旨みを引きだし、鶏肉の香ばしい香りと旨みを味わえるように工夫を凝らしたたれです。

醤油だれは、醤油の銘醸地「銚子」で醸造した香ばしさと引き締まった旨みがある焦がし醤油と、味・香り・色のバランスに優れ、素材の風味を活かす特選濃口醤油を使用しています。香ばしい醤油感がでるようにブレンドした2種類の醤油に、鶏肉の旨みが凝縮した鹿児島県産鶏ガラスープをあわせ、芳醇な香りと豊かな風味の醤油だれに仕上げました。

塩だれの塩は様々な特長のある塩から厳選し、3種類の塩を使用しています。塩カドがなく口当たりがまろやかな「淡路島の藻塩」、にがりを含んでマイルドな苦味がある「赤穂の天塩」、徳島鳴門の海水のみを使用している苦味の少ない「鳴門のうず塩」の3種類で、特性の異なる3種類の塩をバランスよく配合することで味に深みをだし、複雑な味わいを生みだしています。旨みをプラスする昆布エキスと黒こしょうでアクセントをつけた塩だれは、振り塩をした本格焼鳥屋の塩だれ焼鳥のようなシンプルな味わいで、炭火で炙った鶏肉の味を引き立たせます。

どちらのたれも、噛むほどにたれのおいしさと鶏肉の旨みが口の中いっぱいに広がります。おかずにも、おつまみにも、やみつきになる焼鳥です。

今月のおすすめ商品

今月のおすすめ商品一覧を見る

キーワードから探す